危険な断食ダイエット

断食によるダイエットは簡単に体重が落ちすぐに結果が出やすいですが、体に負担をかけてしまう危険なダイエット方法です。当サイトでは、断食ダイエットの危険性を紹介します。

断食ダイエットで拒食症に?!

過度な断食は拒食症の原因になります。理由は明快で、過度に断食をすると胃が弱くなる上にストレスが溜まって内臓疾患になってしまうからです。精神的なストレスと肉体的な疲れが同時に来てしまうので、酷いときには拒食症になってしまう危険性があります。
痩せたいといくら思っていても厳しい食事制限などは体調を崩してしまうこともありますので避けましょう。ダイエットをするならまずはむくみを解消することが効果的とされています。むくみを解消したい場合、ラシックスという医薬品の使用が良いでしょう。もとは高血圧の治療にも使われる薬ですので、怪しい痩せ薬などではありません。ラシックスなら無理なく痩せられるので、ラシックスを使いつつ適度な運動とバランスの良い食事で次第に理想の体型に近づけるでしょう。
基本的に、ダイエットと言うのはその目的と実践する方法をきちんと理解しておけばそれほど難しいことではありません。ダイエットと言うのは、本来痩せることを目的として作業を進めていくことではなく体内に存在している余分な脂肪分を燃焼させていくことを目的として行動することを意味します。確かに、過度な断食を行うと痩せることは簡単にできます。しかし、それによって脂肪が燃焼されるわけではありません。体内に蓄積されているエネルギーは、使わないでいると脂肪となって体内に蓄積されていくものなのでたとえ断食をして食物を取り入れなくても、体内に存在する余計な脂肪分を燃焼する理由にはならないのです。また、脂肪は体内に蓄積されているエネルギーであることに違いはありませんが、断食をすると別のエネルギーがなくなっていく可能性もあります。それは、日常生活に必要な筋肉です。筋肉は身体の中でも最もエネルギーを使うものであるため、断食をすると脂肪が燃焼される前にまず筋肉が落ちていきます。筋肉は脂肪よりも重たい物質なので実際に体重をはかると体重は落ちているので断食をするとダイエットに成功したと思い込んでしまいます。しかし、実際には脂肪が燃焼しているわけではないので根本的な解決に繋がっていません。
このように、断食ダイエットをする時には身体の状況を考慮して負担のかかりすぎない方法で実践することが大事なのです。

<血糖値とダイエット>
アカルボースで血糖値上昇を抑える
<人気のダイエット薬の紹介です>
ゼニカル
<不足しがちなビタミンが含まれているから安心>
ダイエットピル